2015年07月24日

クリンチへの対処が勝負分けた 村田、研究

第16日、ボクシング男子ミドル級 決勝】 村田諒太の顔が、激闘を物語っていた. 両のほおには、擦り傷が赤黒く残っていた. 「夢ではなく、目標だった. それを達成できたのは誇りです」. 最高の笑顔で話した. 日本選手としては、1964年東京五輪の桜井孝雄以来、2度目の金メダル. しかも、日本には縁遠かった重い部類に入るミドル級(69キロ超~75キロ以下)での快挙だ. ■格安■adidas F50 adizero miCoach メッシ、香川のサッカー スパイク アディダス アディゼロ Fサッカースパイク50 FG ブラック/シルバー 二ノ国 白き聖灰の女王』世界一周旅行が当 決勝の第3ラウンド. 苦し紛れにクリンチ(抱きつき)にきたE・フロレンティノ(ブラジル)に、短いパンチを何度も見舞う. 「後頭部を打ってくる」. 相手が村田の不正打撃をアピール. しかし、レフェリーはフロレンティノのクリンチが多いとして、村田に2ポイントの加点を宣言した.
posted by KawaiMirei at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: